TOEIC(R) TEST対策 英文法基礎講座 - 基礎から学ぶ24のレッスン+演習問題【テキストダウンロード付き】
TOEIC® TEST対策 英文法基礎講座 – 基礎から学ぶ24のレッスン+演習問題【テキストダウンロード付き】

Practice練習問題1

練習問題です。[]に入るものを、下の選択肢から選んでください。
1. Their presentation was [ ].
a. informative
b. information
c. informant
d. informed
2. He is [ ].
a. a high school
b. a high school teacher
c. high school teachers
d. high school classes
3. Most people are [ ] about the decision.
a. happy
b. happily
c. happiness
d. happy birthday

Explanation – Practice

1. Their presentation was informative. 「彼らのプレゼンテーションは参考になった。」
解説:a. informative 「参考になる」(形容詞)を⼊れると意味の通る SVC 型の⽂が成り⽴ちます。
まずこの問題⽂には be 動詞があり、その直後が空欄になっている所から典型的な SVC 型の⽂であるということを⾒極めます。
そして、主語を補う補語として適切であるものを選択肢から選びます。
b. information 「情報」(名詞)と c. informant 「情報提供者」(名詞)では S=C が成⽴しません。
d. informed 「知らせた」(動詞の過去形・過去分詞)・「知識のある」(形容詞)では、their presentation = informed とはならないため d. は選べません。

2. He is a high school teacher. 「彼は⾼校の先⽣です。」
解説: b. a high school teacher「⾼校の先⽣」(名詞)を⼊れると S=C の関係が成り⽴ちます。
まずこの問題⽂でも be 動詞があり、その直後が空欄になっている所から典型的な SVC 型の⽂であるということを⾒極めます。
そして補語には形容詞または名詞に相当する語句が使えます。
ただし、選択肢を⾒ると、すべて名詞に相当する語句となっています。そこで主語の he 「彼」とイコールの関係が結べることを前提に、ここではその意味から検討をします。
a. a high school「⾼等学校」(名詞)では S=C の関係が成り立ちません。
c. high school teachersは複数形なので S=C の関係が成り⽴ちません。
d. high school classes 「⾼校の授業」(名詞)も複数形ですし、彼は授業ではないのでダメです。
3. Most people are happy about the decision. 「多くの⼈達はその決定に満⾜しています。」
解説:a. happy 「うれしい、満⾜して」(形容詞)を⼊れると SVC 型の⽂が成り⽴ちます。
この問題⽂でも be 動詞があることから、その直後に主語を補う語が来ることを予想します。
補語は形容詞または名詞に相当する語句を⼊れるので b. happily 「喜んで」(副詞)は⼊れられません。
c. happiness 「幸福」(名詞)、d. happy birthday 「お誕⽣⽇おめでとう」(名詞)では S=C の関係が成り立ちません。
次回は、Practice 練習問題2 をお届けします。

前のトピックへ / 目次ページへ / 次のトピックへ