TOEIC(R) TEST対策 英文法基礎講座 - 基礎から学ぶ24のレッスン+演習問題【テキストダウンロード付き】
TOEIC®TEST対策 英文法基礎講座 – 基礎から学ぶ24のレッスン+演習問題【テキストダウンロード付き】

Practice練習問題1

練習問題です。[]に入るものを、下の選択肢から選んでください。
1. No one thinks his explanation [  ].
a. reason
b. reasoning
c. reasonable
d. reasonably
2. Your support [  ] our endeavor successful.
a. was
b. thought
c. made
d. gave
3. Some executives thought the offer [  ].
a. attractive
b. attract
c. attracted
d. attractiveness

Explanation – Practice

1. No one thinks his explanation reasonable. 「誰も彼の説明が妥当だとは考えない。」
解説:
c. reasonable 「妥当な」(形容詞)を⼊れると SVOC型の⽂が成り⽴ちます。
まず、⽂脈や選択肢から空欄には explanation を補う語、つまり補語を⼊れるべきであると想像します。
形容詞または名詞に相当する語句が補語になります。
a. reason 「理由」(名詞)ですが his explanation = reason とはなりません。
b. reasoning 「論拠」(名詞)は reason 「理由づける」(動詞)の ing形と考えることもできますが、his explanation = reasoning とはなりません。
また、thinkthat 節をとり that 節内に主語+動詞+〜という形をとることができますが、his explanation that 節内の主語になると考えても reasoninging形なので be 動詞も無いため、⽂法的に考えても that 節の述語動詞になることができません。
d. reasonably 「合理的に」(副詞)は SVOC 型の Cに⼊れることはできません。形容詞または名詞に相当する語句が補語になるためです。

2. Your support made our endeavor successful. 「あなたの⽀援が私達の企てを成功させました。」
解説:
c. made O Cにする」を⼊れると SVOC型の⽂が成り⽴ちます。
SVOC 型の代表的な動詞 make の過去形 made が、選択肢にあることに注⽬します。
また、our endeavor 「私達の企て」(名詞)と successful 「成功した」(形容詞)がついていることもポイントです。
これらの単語は SVOC 型において O=C の関係になっています。
この⼆つの単語の関係からこの⽂が SVOC 型であることを予想し、そのために必要な述語動詞が何かと考えます。
a. was などの be動詞は OCの両⽅を付けることはできませんのでダメです。
b. thought は「O Cと考える」という意味の SVOC型の使い⽅がありますが、your support が主語であることが問題です。
通常、thought の主語は⼈になります。
d. gave 「与えた」(動詞の過去形)は SVOO 型をとる代表的な動詞です。また、successful (形容詞)は⽬的語ではありません。
3. Some executives thought the offer attractive. 「数⼈の重役達はその申し出を魅⼒的だと思った。」
解説:
a. attractive 「魅⼒的な」(形容詞)を⼊れると SVOC型の⽂が成り⽴ちます。
まず、⽂に SVOC型の代表的な動詞である think の過去形 thought があることに注⽬します。
そこで、SVOC 型を構成していることを想像し、どの選択肢が、the offerとイコールの関係になりうるかを考えます。
そして、attractivethe offerとイコールの関係になるという結論を導きます。
thoughtthink 「考える、思う」の過去形です。
b. attract 「魅了する」(動詞)をこの位置に⼊れることはできません。
thinkSVOC 型の動詞として使う場合、C には名詞または形容詞に相当する語(句)を⼊れます。
ここに動詞の原形を⼊れることはできません。また、d. attractiveness 「⼈を引きつけること」(名詞)を⼊れてもthe offer = attractiveness という関係は成⽴しません。
c. attracted 「魅了した/魅了されている」(動詞の過去形/過去分詞)では the offer = attracted という関係が成⽴しません。
また、thought+that 節の構成の可能性を考えてみると、attract は他動詞なので⽬的語が必要となります。
でも、ここでは attracted の⽬的語となる単語がありません。そのため、この選択肢を選ぶことができないことがわかります。
次回は、Practice 練習問題2 をお届けします。

前のトピックへ / 目次ページへ / 次のトピックへ