TOEIC(R) TEST対策 英文法基礎講座 - 基礎から学ぶ24のレッスン+演習問題【テキストダウンロード付き】
TOEIC®TEST対策 英文法基礎講座 – 基礎から学ぶ24のレッスン+演習問題【テキストダウンロード付き】

Practice練習問題2

練習問題です。[]に入るものを、下の選択肢から選んでください。
1. A majority of the respondents considered the situation [ ] .
a. satisfy
b. response
c. fulfill
d. unsatisfactory
2. This air-conditioning system keeps the room [ ] constant throughout the year.
a. comfortable
b. relax
c. temperature
d. partition
3. Only one of the economists present at the conference [ ] Dr. Rodriguez’s theory of economic recovery plausible.
a. thinks
b. keeps
c. discusses
d. gives

Explanation – Practice

1. A majority of the respondents considered the situation unsatisfactory. 「回答者の⼤多数はその状況は不満⾜なものであると考えていました。」
解説:
d. unsatisfactory 「不満⾜な、満⾜のいかない」(形容詞)を⼊れると the situation = unsatisfactory という関係がとなり、SVOC 型の⽂が成り⽴ちます。
まず、どの部分が主語であるのかを⾒極めます。
ここでは、A majority of the respondents「回答者の⼤多数」というところまでが主語であることが分かると、その他の構成はシンプルな SVOC 型の⽂であると⾒えてきます。
問題⽂には considered があります。
これはレッスン内で学習した通り、SVOC 型を取る典型的な動詞です。
そこで、the situation とイコールで結べそうなもの(補語)を選択肢から探します。
a. satisfy 「満⾜させる」(動詞)は動詞の原形ですので consider の補語として⼊れることはできません。
同様に c .fulfill 「満たす」(動詞)の原形も、補語として⼊れることはできません。
b. response 「返答、反応」(名詞)は situation「状況」とイコールで結べません。
2. This air-conditioning system keeps the room temperature constant throughout the year. 「そのエアコンシステムは⼀年を通じてその部屋の温度を⼀定に保ちます。」
解説:
c. temperature 「温度」(名詞)を⼊れ the room temperature 「その部屋の温度」を⽬的語にします。keep を使った SVOC 型の⽂「OC に保つ」という意味になるように検討を⾏います。
keep the room は動詞+名詞というつながりなので形容詞を⼊れられそうに⾒えますが、後ろにあるconstant は「⼀定の」という意味の形容詞なので、形容詞を 2 つ続けることはできません。
a. comfortable 「⼼地よい」(形容詞)を⼊れた場合、keep the room comfortable までは良いですが、後ろにうまくつながらないのが問題です。
keepkeep+⽬的語+原形動詞という形をとらないため、動詞の原形の b. relax 「リラックスさせる」を⼊れることはできません。
d. partition 「仕切り」(名詞)を⼊れた場合、room partition 「部屋の仕切り」という意味になりますが、エアコンが部屋の仕切りを⼀定に保つというのも不⾃然です。
3. Only one of the economists present at the conference thinks Dr. Rodriguez’s theory of economic recovery plausible.
「その会議に出席した経済学者の中のたった1⼈だけがロドリゲス博⼠の経済再⽣の理論をもっともらしいと思いました。」
解説:
a. thinksOCと思う」(動詞)を⼊れると thinks Dr. Rodriguez’s theory (of economic recovery) plausible「ロドリゲス博⼠の(経済再⽣の)理論をもっともらしいと思う」という SVOC型の構成になります。
この問題⽂では Only one of the economists present at the conferenceという部分で、⻑い主語を構成しています。
例えば、この⻑い⽂を he などに置き換えて考えると、とてもシンプルな SVOC 型の⽂が⾒えてきます。
あとは、選択肢から⽂法的な視点と、意味的な視点で検討を⾏います。
ただし、plausible(形容詞)が「もっともらしい」という意味であることを知っているかどうかもポイントになります。
この意味を知っていると、Dr. Rodriguez’s theory of economic recovery(O) = plausible(C)という関係を⾒極めることができます。
b. keeps は「O Cに保つ」という意味の SVOC 型の動詞です。
⽂法的にはおかしくはありませんが、が意味が通りません。
c. discusses 「議論する」は SVO 型の代表的な動詞です(レッスン 4 参照)。この⽂では補語の plausible(形容詞)があるため、不適切であると判断できます。
d. gives 「⼈に物を与える」という意味の SVOO 型の代表的な動詞です(レッスン 5 参照)。
plausible は形容詞なので⽬的語になることはできません。
⽬的語は動詞の対象となっており、名詞や名詞に相当する語(句)が⼊ります。
以上で、Lesson7 ⽂型(SVOC 型)② / セリヌンティウスは信じていた。メロスは勇者だと は終了です。

前のトピックへ / 目次ページへ / 次のトピックへ